未分類

わきがのニオイ対策について!クリアネオパールの石鹸で予防できる

投稿日:

ワキガ 対策

ワキガの臭い・・本当に悩みますよね。人前で腕を上げることなんて絶対にできませんよね!臭いはもちろん、汗染みも気になるし(´;ω;`)今回は私が実際に行っているワキガの対策法を紹介したいと思いますので良かったら参考にしてくださいね。

1.ワキガケアは難しい

ワキガ 対策

汗がでやすい夏はもちろん、冬でも気になる「わきが」の臭い。デオドラント製品で体臭をケアしても、イヤな臭いが消えずに悩んでいる方はいませんか?「わきが」は体質であるため、一般的な体臭ケアでは対処が難しいのです。「わきが」の臭い対策には、まずは予防を!

 

1-1.ムダ毛をこまめにお手入れ

わきがの元になる「アポクリン汗腺」の汗も、本来は無臭です。汗の成分が、皮膚の雑菌に分解され発酵することで、不快な「わきが臭」になります。ワキのムダ毛は雑菌の温床になりますので、ムダ毛はこまめにお手入れし、雑菌の繁殖を防ぎましょう。

 

脇のムダ毛を処理する際の注意点!

お手入れのやりすぎで皮膚を傷つけてしまうのはNG。お手入れは「入念」に、そして「優しく」をモットーに!カミソリなどで脇の下を傷つけてしまうと傷跡が残ったり、黒ずんでしまう場合があるので触れるか触れないか程度で肌に負担をかけないように行うときれいな仕上がりになりますよ。

 

1-2.食生活の改善

わきがはアポクリン汗腺からでる汗が臭いの原因。汗の質は、食べる食品によって変化するため、臭い成分を多く含んだ食事とれば、わきがも強まります。食事のしかたを工夫して、「わきが」を予防しましょう。

 

豚肉より牛肉!

私が意識しているのは・・お肉料理を食べる際には豚より牛を選びます。肉の種類を選ぶことによっても汗の臭いは変わってきます。肉類の動物性タンパク質や脂肪は、「わきが」の大敵。完全な「肉絶ち」ができればベストですが、「そんなのムリ!」という方は、お肉の種類を選んで食べましょう。豚肉よりは牛肉がおすすめ。ちなみに鶏肉は、脂質が少なくても高タンパク質なので、食べ過ぎには注意です。

 

脂っこい時は野菜を一緒に!

その他にもわきがなど、不快な体臭は酸化反応で作られます。肉料理やアルコール、乳製品など酸性食品を食べると、血中の酸性濃度が高まり、「酸化反応」も強まることに。そこで、酸性食品を食べたら一緒に野菜などの「アルカリ性食品」も必ずとり、血中の酸性濃度を中和しましょう。

 

食生活改善の注意点

当然のことながら、臭い成分の強いニンニクや香辛料も体臭を強めることになります。洋食よりはサラリとした和食の方が、体臭予防には良いですよ!飲み物もコーラやジュースではなく、お水やお茶などの方がサラサラの汗になります。糖質の多い飲み物を飲んでしまうとベタベタな汗が出て臭いの原因にもなります。

 

1-3.リンゴを使った消臭

アポクリン汗腺の汗には、脂肪酸とタンパク質の化合物質「リポタンパク質」が含まれています。これが雑菌で分解されるとアポタンパク質になり臭いを発生、「わきが」になるのですが、これにリンゴが効くのです。リンゴの食物繊維「ベクチン」が、「アポタンパク質」の生成を抑制、さらに「ポリフェノール」で消臭効果も発揮します。リンゴを食べたら芯を捨てる前に、腋の下に5分ほどあててみましょう。「わきが臭」が軽減されます。

 

リンゴを使う際の注意点

リンゴは酸化しやすく傷みやすいです。リンゴの芯を使う場合は、長時間放置せず、なるべく早め使ってね!

 

1-4.効果的な入浴法を実践

わきがは、汗に含まれるミネラルの量でも影響されます。汗をかくとき、血液から「ミネラル」が取り込まれますが、通常はまた血液に再吸収をされます。ですが、汗腺の機能が衰えると「ミネラル」はそのまま汗に残り、べたべたと蒸発しづらい汗に。肌に残る汗は、雑菌を繁殖させ、「わきが臭」の元になります。

汗腺の機能を回復させるには、入浴が効果的。36℃ほどのぬるま湯にじっくりつかる入浴は、新陳代謝を改善します。さらに、お湯に500ccくらいの「米のとぎ汁」を入れることで効果がアップ。「米ぬか酵素」には、皮脂を取り除く作用と保湿効果があるため、お肌のコンディションを整えてくれます。

 

米のとぎ汁を使う時の注意点

米のとぎ汁は新鮮なものを使用しましょう。入浴後に汗がでる場合は、ぬれタオルでふき取り、汗がおさまるのを待って。汗をかいたまま服を着ては、本末転倒です!

 

2.クリアネオパールでワキガ対策

わきが 対策

わきがの予防は、やはり体の洗い方を改善することが一番です。臭いが気になるからと、ゴシゴシと洗ってはダメ。皮膚が炎症し、臭いが強まります。消臭効果のある石鹸を使い、優しく、そして効果的に洗いましょう。「クリアネオパール」は、「わきが」の元となる「アポクリン汗腺」の汗や、臭いのメカニズム、そしてお肌の新陳代謝に作用する成分を様々と配合。「わきが」予防に効果のあるボディソープです。

 

2-1.食事改善と同じ効力!「カキタンニンエキス」

食事の工夫で汗に含まれる成分をコントールし、「わきが」を予防する方法と同様の効果を持つのが「カキタンニン」です。「カキタンニン」は、汗の中にあるタンパク質を吸収して凝固させ、さらに脂肪も排除してくれます。食事改善しならが「クリアネオパール」を使用することで、効果がアップします。

 

2-2.リンゴ効果と合わせれば相乗効果あり!「チャ葉エキス」

リンゴの「ポリフェノール」に匹敵する強い消臭力と言えば、「チャ葉」の「カテキン」です。臭い成分に直接作用し、無臭に中和する効力を持っています。また「チャ葉」は、強い抗菌力も持つため、雑菌を抑え、臭い成分「アポタンパク質」が増えることを妨げます。リンゴがないなら「クリアネオパール」。消臭効果はバッチリです。

 

2-3.ワキの下の清潔に保つならコレ!「ドクダミエキス」

「わきが」予防は、ワキのムダ毛のお手入れから。ムダ毛には雑菌が繁殖しやすいからですが、あまり頻繁にカミソリなどでお手入れすると、皮膚が慢性的に荒れた状態になってしまいます。「クリアネオパール」に含まれる「ドクダミ」の強力な抗菌効果と殺菌力で、皮膚をいたわりつつ、ワキの下を清潔に保ちましょう。

 

2-4.ぬるま湯入力と一緒に使いたい!「シャクヤク根エキス」

ぬるま湯にゆっくり浸かることで汗の成分が良くなるように、「シャクヤク根」にもまた、同様の効果があります。「シャクヤク根」の鎮静作用は皮膚の緊張をやわらげ血行を促進、皮脂腺や汗腺の機能を正常に保ちます。入浴時には「わきが」予防はもちろん、お肌の健康のためにも「クリアネオパール」をおすすめします。
「わきが」には、いろいろな予防方法があります。どれかひとつだけ試すのではなく、すべてを少しずつ、ムリなく生活習慣に取り入れることで、相乗効果があります。「クリアネオパール」は、すべての予防法をその1本に取り入れたボディソープです。

 

3.まとめ

ワキガ 対策

ワキガの臭いってどうしても気になりますよね。ですが即効性のあるデオドラント商品ってなかなか(;´・ω・)なのでニオイが出てしまう前に対処してしまうのが一番良いんですよね。なので私が上記で紹介した方法は応急処置的なものにもなってしまいますのでクリアネオパールを使って臭いの元をブロックするのが一番、効果的でした(´・ω・`)

-未分類

Copyright© クリアネオパールのレビュー!ワキガの私が実際に効果を実感しました , 2017 AllRights Reserved.